マンション売却を成功させる|業者選びが鍵

期間延長や買い戻しの交渉

つみきの家

不動産や法律の専門家に

都市部など、地価が高くなっている地域では、借地権つきの住宅がよく売りに出されています。借地権とは、土地を一定期間自分のものとして利用できるという権利です。要は借りるわけですから、買い取る場合と比較すると、費用負担は少なめとなります。したがって、資金不足で住宅を土地ごと購入することが困難という人から、借地権つきの住宅には高い人気があります。借りて利用できる期間は、約50年と長いのですが、契約期間が満了すれば、その土地を更地にして地主に返すことになります。そのため中には、長く住み続けることで愛着がわいたり、更地にする資金がなかったりといった事情で、返すことに難色を示す人もいます。そのような人の多くが、不動産または法律の専門家に相談しています。相談することで、地主に期間延長の交渉をしてもらえるからです。交渉が成功すれば、延長または再度の契約により、土地の利用をそのまま続けることが可能となるのです。逆に、転勤などの事情で、契約期間満了までに手放すことを希望する人もいます。この場合も専門家に相談すれば、地主への借地権買い戻しの交渉がおこなわれます。地主がこれに応じれば、借りていた側は中途解約をして土地を返すことができますし、なおかつ残っている契約期間に応じたお金を返してもらえるのです。借地権つきの住宅の販売数が増えるにつれて、こういった相談をする人も増えていますし、昨今ではさらに、借地相談専門の業者も増加してきています。